FC2ブログ

「令和」に

霞がかった山並

一枚一枚の葉が
霧雨によって優しく拭われたように
しっとりと深みを増して輝いている

車窓から
移りゆく景色を眺めつつ、
日常の様々な後悔と共に
心を解放してみる

心に積もった塵はどうしたら拭えるだろう
年齢と共に
頑なに貫こうとしてしまう意志と、
譲ることも覚えた諦めのような気持ちと

少し上手に
余分なものは手放していきたい
余白部分を持ち
沢山の人やものから
吸収できるように
そして、考え抜き研ぎ澄ましていくことができるように
まだまだ、時間がかかる道のり

この雨が抜けて
五月晴れの日を迎える頃には
気持ちを切り替えよう

「必要なのは学び、鍛錬を重ね、生き残ること。」(「Esquire」)

「令和」の新時代に
少しでも強く前に進めるように

令和

ツルイスタジオ 駐車場について

令和元年 5月1日より
ツルイスタジオ 駐車場は、これまでのスタジオ西隣のコンクリート敷きの
駐車場から場所が変わります。

これまでの駐車場とは反対の東へ3軒目の場所となる砂利の広い駐車場
10・11番になります。
管理 山下開発さんの看板が立っています。
ご不明な場合は、どうぞご連絡ください。
宜しくお願い致します。




scene8_20190425012758fb5.jpg

花曇り

咲き誇る桜を見て
心踊る年もあれば、
今年の桜のように
何だか心に響かない、そんな時もある

きっと、心が寂しいから

色々なことを考えながら思いを馳せる
そうしているうちに
仕事全体のことや、その他にも沢山のことが重くのしかかってきて、

でも、
前に進むために、抜け道を探していかないと
抜け道というよりは、
すすむべき真っ直ぐな道を

はじまりの春
そわそわと心落ち着かない春

sakuranonakani.jpg




明日は、感謝を込めて 〜もて海フィナーレ〜

フィナーレ
2年と8ヶ月の活動期間を明日で終える 土佐おもてなし海援隊

おもてなし勤王党の頃より
長くお仕事をご一緒させて頂きました

ツルイスタジオに来て頂いて、
狭いながらも沢山の撮影時間をご一緒させて頂いたこと

幕末志士社中やレンタルスタジオ、桂浜、五台山、牧野植物園、城西公園はじめ
高知の色々なところへロケ撮影に行ったこと

メンバーさん一人一人が、
もっといい表情を、もっと個性を出して、と
長時間にかかわらずいつも真摯に撮影に向き合ってくださったこと、
またこちらの挑戦も楽しんでくださったこと

一つ一つが大切な思い出ですが、
メンバーさんの温かい気持ちがいつも伝わり
皆さんとご一緒できたことに、今は感謝の気持ちでいっぱいです

明日は、
一日密着撮影させていただきますが、
寂しさと共に
心からの感謝と、これからへのエールを込めて
撮影にのぞみます

11時、13時、15時 三回のラストステージ
明日は、是非こうち旅広場へ

arigatou_20190330205630525.jpg

オーガニックスタイルキッチン

キッチン

蔦屋書店の3階にオープンした
居心地のいい親子カフェ
「オーガニックスタイルキッチン」

子連れで気兼ねなく寛ぐことができるお店は
子育て中のママにとって、本当に貴重で嬉しい空間です

メニューも、
身体に優しい食材を使ったものばかりなので
大人ランチにもおすすめです

蔦屋書店3階の有料スペースで遊んだ後にも
美味しいティータイムを是非





ライブ撮影 IN 神戸

都会感溢れる 角松敏生さんの
年末恒例のライブ 
神戸公演撮影

大人数のゴスペルに合わせたダイナミックな歌声
大人の雰囲気に酔いしれる曲の数々

昔よく聴いていたメロディと共に
感慨深い撮影でした

KOBE.jpg

2019年

充実した時間とご縁に感謝を込めて終えた2018年

そして、2019年
大切にすべき事を
きちんとこなして行けるように

どうか、いい一年になりますように
宜しくお願い申し上げます。

   2019年 元日
   ツルイスタジオ 釣井泰輔
                                   
改めて

楽しさいっぱい

wakuwaku.jpg

2018年もあと数時間
そんな時に出会った楽しさ溢れるスパイダーマン!

寒空の下、一つ一つ、街並みのゴミを拾いつつも
かけた声に、快く応えて、二人でポーズ
そして、ちょっと待って!ともうひとポーズ

「thank you」の言葉から外国の方だと後で分かり
サービス精神旺盛の清掃員さんに
心の底から暖まりました

「枯れゆく花」を

PJ表紙

全国のスクールアルバムコンテストで
二度目のアルバム大賞を受賞したことから
定期冊子に、16ページの特集を組んで下さいました

作品として撮り続けている
「枯れゆく花」を

表紙に、と出版の方が選んで下さった写真は
「レインディアワトル」
〜繊細さと力強さと  光と影の中で〜

作品の世界観を伝えるページデザインは
信頼を置くデザイナーさんにお力添えを頂いて

見て頂いた方が受け取る様々な印象を
お聞きすることができた貴重な機会となり、
大切な一冊となりました




秋風と共に

紅葉

仕事の合間に、紅葉を眺めて

深まる秋の美しさに
心奪われるひとときでした
プロフィール

tsuruistudio

Author:tsuruistudio

高知のカメラマン 
ツルイスタジオ 釣井泰輔

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR