FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の男たち

バイク2
「カッコいい」の一言につきた撮影

革製品のHPの撮影で
早朝5時に集合して頂いたバイカーさん達

暗闇の埠頭で、
セッティングして待っていると
遠くからバイクの低音が響いてきて
近づいてくるその迫力に、ドキドキして・・

5人それぞれにスタイルがあり
色がある
カッコいいのに、気取らなくて面白い

撮影中は終始笑いに包まれていました

そんな余裕のある大人の雰囲気に
すっかり魅せられた時間で
今度はどんな魅力をカメラマンさんが引き出せるのか、
次回の撮影もとても楽しみです
スポンサーサイト

成人式前撮り

kyou2.jpg
<越知町 横倉山自然の森の博物館にて>

成人式の時にはゆっくり帰省できないから、と
夏休みの落ち着いた時間に前撮りをさせて頂きました

少し足をのばして、越知町まで

安藤忠雄氏の設計による洗練された建物が
横倉山の自然に囲まれていて、気持ちのいい場所です

お母様から譲り受けた優しい色あいのお着物が
とってもよくお似合いでした

雨が降ったりやんだりの情景にも風情があって
kyo1.jpg

秋の紅葉の頃には
近くの秋桜畑が満開になり賑わう町

またその頃訪れたいと思います

夏の名残

IMG_5736.jpg

月がきれいな夜がつづき
秋らしい空気が漂う日々

子どもにとってはまだ夏の続き
koto.jpg

風邪をひかないように
でも、暑すぎない午後は
気持ちのいい行楽日和

IMG_5788.jpg

作品<龍馬空港の光>

空港
作品最後の一枚は
ここでは撮りたいと決めていた高知龍馬空港の光をバックに

だんだんと浮かび上がってくる滑走路の光が
本当に綺麗で
躍動的なポーズが撮影できた心に残る一枚です

何度もポーズやジャンプをして頂いて
周りの情景やライティングを確かめながらの作品づくりでした

「動の美」を表現するには
難しさも感じ、今後の課題もありますが、
こんなふうに撮影してもらうのが楽しいと、言って頂いた奈菜先生の
お陰さまでできた作品でした

         ありがとうございました

作品<森 雨の中>

森
雨で側溝の水が溢れ出し
撮影できるかと心配しながら
カメラマンさんも合羽を羽織りながらの撮影でした

展示に選んだ写真の中では
唯一私服姿の奈菜先生

真っ暗な森の中
ライティングの光が舞台にさすライトのように見えた
雨の中の一枚です

作品<工科大学を舞台に>

2014作品HP
奈菜先生を通して最初に見て頂いていたこのポストカードが好評で

今回の作品展はすべてカラーでしたが
バレエの印象と、工科大学のこの建物が
モノクロームで表現する世界ととても合っていたんだと感じたこの写真は
カメラマンさんもピタッときたと感じることが多かった
いい撮影でした
工科大学は、総合研究所のHP撮影でお世話になりましたが
 高知工科大学総合研究所HP
校内も校庭も本当に素敵な気持ちのいいロケーションです

大学
<あわい光がさしこむ校内にて>

大学2

作品<バレエスタジオ>

スタジオ

この作品は、
立脇千賀子バレエ研究所のスタジオをおかりして撮影したのもので、
大事に使いこまれてきたレッスン場の趣と
その時に入りこんだ光が演出した、印象的な写真になりました

写真展後に、家に飾りたいから、と言って頂いたり
この写真が一番心に残ったと言って下さった方がとても多かったです

展示会後、立脇先生とお話をさせて頂き、
来年60回目の発表会を迎えられるバレエ研究所を支え、
身をもって教えてこられた先生の
毅然とした、凛とした姿勢の積み重ねから生まれてくる
深みのある、心に残る言葉を頂きました

以前、フリーカメラマンになった直後に仕事でお会いし
未熟さだけが残っていた記憶から、
今このように色々な話をして頂いたことに、感謝致した出来事でした

作品 <KIKONI SISKO>

キコ
お洒落な北欧雑貨がそろう KIKONI SISKOさん内のcafeスペースにて

以前、美容室の広告撮影でも使わせて頂いて
光の入り方や、お店の雰囲気がとてもステキで

また、奈菜先生もお気に入りのお店ということで
開店前の時間をおかりして撮影させて頂きました

チュチュを着た奈菜先生の
線の細い美しさと、可憐さが
お店の雰囲気により一層引き立てられた一枚となりました

作品 <夜の高知駅>

駅
人通りが少なくなる深夜を狙って
23時頃から撮影し始めた夜の高知駅

暗くなってから、ビルの大きな窓にうつる自分の姿を確かめながら
ダンスの練習をしている若者達をのぞいては
静まりかえった広い駅の空間を舞台に

時々雨に降られながら目指したのは
映画のワンシーンのような、
ドラマティックな一枚

写真展前の最後の撮影とあって
奈菜先生もカメラマンさんも楽しみながらの撮影でした

この写真は反響が大きかった一枚で
見て下さった小さな子どもさんが
「なんか楽しそう」と言って下さった言葉が
嬉しく心に残っています

写真展を終えて

海
<大方町海岸 夕暮れ時> 

今回の作品のモデルを
立脇千賀子バレエ研究所の奈菜先生にして頂いたこともあり

写真展にはたくさんの方に見に来て頂き
いろいろな声を聞かせて頂きました。
お時間をとって頂いた方、本当にありがとうございました。

作品展を開催する度に、
色々なことに気づき反省点も残りますが
見て頂いた方から頂く言葉によって
意外な反応を頂いたり、方向性が見えて来たり、
また、合同写真展ということで
他のカメラマンさんたちの姿勢から学ぶ事もあります
作品展を通して考えたことを、今後につなげて行きたいと思います。

何人かの方が、見に行けなくて、どうしたら見れますか、と
聞いて下さったので、少しずつ作品を載せて行きたいと思います。

この大方町の海岸は
素足に優しいさらさらの砂が心地よく、
寄せてはかえす波を待ちながら
次第に日が暮れて真っ暗になるまで
波を身体で受けとめながらの撮影でした
プロフィール

tsuruistudio

Author:tsuruistudio

高知のカメラマン 
ツルイスタジオ 釣井泰輔

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。