BAR GRADIA

帯屋町のアーケード内に、この空間‥と驚いたほど

一歩店内に足を踏み入れると
街中ということを忘れるくらいに
落ち着いた雰囲気の「BAR GRADIA」さん

ラヴィータさんによる計算しつくされた間接照明や壁の色
バーカウンターの優しくお洒落な灯りが
心安らぐ空間へといざなってくれます

bar™

bar_201712040220237bd.jpg

移ろい

aki_20171024100416924.jpg

「霜降」
秋が一段と深まり、朝晩の冷え込みが厳しくなっていく頃

時の流れとともに
仕事にも深みが出てくるよう
日々努力のみ、と実践したいところ

神無月

akisora.jpg

秋も深まり
心和む風景に包まれる日々

今年も
ありがとうの気持ちを胸に
何だか気持ちが入る誕生月

けんぴ

素朴な田舎風味が持ち味の
芋けんぴ

食べはじめたら
手がとまらなくなるほど

お芋が美味しいこの季節

色々なお味の食べくらべは
いかがですか

けんぴ
水車亭HP→

チーム

「あらためて口にしなくてもわかっている「何か」を
 互いに共有しているチームは強い」(「自分の仕事をつくる」)

ダンスール

 「ダンスール」さんを手がけた形として
 そんな言葉がしっくりくると感じた制作過程の中で
 
 「時間をかけることでのみ達成できる仕事」
  
 そんなものづくりを目指したいと思いつつ
 関わらせていただいた仕事でした

 スタジオ ダンスールさんの
 これから彩られる様々な表情を
 楽しみながら見守らせて頂きたいと思っています

ダンスール1
スタジオダンスールHP→

「夜はこれから」

「超人的」という言葉が頭をよぎったものの
そんな一言で表現してしまうのも、もったいないと感じた舞台
カンパニーXYによる現代サーカス

何が起こるのか分からない演出は
光と音によりさらにドラマティックに

そして何より

1人ではなく、22人のパフォーマーの協力と信頼関係から生まれる
他では見た事のない技の連続

満員の会場に一斉に湧き上がった
スタンディングオベーション

心を揺り動かされた公演撮影でした
夜はこれから


Coffee stand CANS Hutte

何度足を運んでも
その度に発見がある町 梼原町

移住者の大きな受け入れ体制の中で
色とりどりの魅力を受け入れ、発信している町

今回取材させていただいたのは
Coffee stand CANS Hutteさん

coffee1.jpg

ご主人は、東京で広告カメラマンをされていた方で
何よりそのお仕事の話と今現在の在り方に
深く考えさせられたカメラマンさんでした

coffee3.jpg


プロフィール

tsuruistudio

Author:tsuruistudio

高知のカメラマン 
ツルイスタジオ 釣井泰輔

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR